2015年01月30日

「手話対応便利帳」を店頭配布 かながわ信用金庫様

今年4月から手話言語条例が施行される神奈川県。

 耳の不自由なお客様が来店されたとき、指でさして
 コミュニケーションをスムーズに出来るようひらがなや
 数字の一覧表と手続
(普通預金・定期預金・振込・ATM操作)枠、
 012ec6110c08ee96e2a9c8fc9e37f8276114360c83.jpg

0143f06befe0d89f20a968fcf4d5390c8ef3efc45d.jpg
 裏面には「こんにちは」など簡単な挨拶手話が
 載っている手話便利帳。
 手のひらサイズで職員も携帯しやすくなっています。
01875182a21dde7d61c5322a209f53c29ead773f8e.jpg
 窓口に筆談器やコミュニケーションボードも置かれていますが
 数に限りがあるためよりスムーズな対応が出来るようにと
 この手話便利帳を2000部作成、広く活用してもらおうと
 各店頭に置き、横須賀市社会福祉協議会にも
 寄付をされました。

 とても大きなPR効果になりますね・・
 御社も是非如何でしょうか!
posted by 日本介助専門員推進協会 山本佳代子 at 17:50| Comment(0) | 介助日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。